バイク買取の力

査定士がチェックするポイントをおさえておくことで、より高くバイク買取を行なってもらえる可能性も高まります。

事故車や不動車のバイク買取

事故車や不動車は、一般の中古バイク販売店やディーラーでは、値段がつかないことから、買い取ってもらえないということが、ほとんどです。

しかし、実際には、事故車や何年も乗らず車庫に置かれている不動車、そして水没車や低年式車でも、大手バイク買取業者でなら、買い取ってもらえる場合がほとんどなのです。

ですから、バイク買取をあきらめて、廃車処分の手続きを行なう前に、まずは業者に相談して査定をしてもらうといいでしょう。

特に、エンジンは壊れて動かなくなっているが、バイク自体には損傷がない状態のバイクには、エンジンを交換するだけで動くバイクもあり、その場合ですと、高価買取の可能性が非常に高いのです。

また、ダメージが大きく修理が不可能で再販することができないバイクでも、部品取りに使用することができるのです。

多くのバイク買取業者では、通常のバイクの買取相場とは別に、事故車や不動車の為の買取相場を設けているようです。

この相場は、輸出業者や事故車や不動車専門の業者オークションでの取引データが参考にされて設定されています。

事故車や不動車を多く扱っているバイク買取業者の1つである「バイクワン」では、事故全損のバイクCB400SFが約10万円で、そして10年以上不動車のGPZ900Rが約20万円で買取られたという実績があります。

このように事故車や不動車でも買取が可能となっているのは、自社の豊富な中古パーツのストックによるコスト削減と、国内及び海外への多彩な売却方法があることからのようです。

Comments are currently closed.