バイク買取の力

査定士がチェックするポイントをおさえておくことで、より高くバイク買取を行なってもらえる可能性も高まります。

バイクの個人売買と名義変更

バイク買取業者を利用しないで個人で行なう「個人売買」の場合、必要な書類は全て自分達で揃えることになります。

排気量125cc以下の原付バイクの場合、売る側は、廃車証明書、自賠責保険証明書、譲渡証明書、そして、バイク買取側は、軽自動車税申告書、標識交付申告書、身分証明書、印鑑、石ずりを用意します。

原付バイクの名義変更は、市役所などの役所で売却側がバイクの廃車手続きを行なってからでないと、することができません。

廃車手続きに必要なのは、バイクのナンバープレートと標識交付証明書です。

名義変更が済んだら、買取側である新所有者は、有効期限のある自賠責保険に加入されているかどうかを確認しなければなりません。

排気量126cc~250ccの軽二輪車の場合、売る側は、軽自動車届出済証、印鑑、ナンバープレート、自賠責保険証明書、譲渡証明書、そして、バイク買取側は、印鑑、住民票、軽自動車届出済証記入申請書、軽自動車税申告書が必要となります。

【関連リンク》軽二輪(126cc~250cc)の申請手続き

軽二輪車の名義変更は、買取側である新所有者の住所を管轄する陸運局で行なわれ、登録、申請料は無料ですが、ナンバープレートが変更する場合は、プレート代として約600円を支払うことになります。

排気量251ccの小型二輪車の場合、売る側は、車検証、印鑑、自賠責保険証明書、譲渡証明書、委任状、軽自動車納税証明書、ナンバープレート、そして、バイク買取側は、印鑑、住民票、自動車検査証記入申請書、軽自動車税申告書、手数料納付書が必要となります。

小型二輪車の名義変更は、ナンバーを管轄する陸運局で行なわれ、車検が切れているバイクは、車検を通してからとなります。

Comments are currently closed.